拍手 お返事
 アビスプレイ記
What's New?
03.13 text/キミが居た未来07
02.26 text/狂える愛08
02.26 pict/log+3
02.23 pict/AL♀絵+1
02.17 text/PMP01
02.06 text/キミ未来05・06
02.05 pict/YL絵+1
02.05 link+1
02.04 pict/AL漫画+1
02.02 pict/AL漫画+1
01.30 link+8
01.27 text/キミが居た未来04
01.23 text/キミが居た未来03
01.15 text/狂える愛07
01.12 text/学パロ01
▲2012
▼2011
12.27 text/AL+1
12.22 text/キミが居た未来02
12.18 text/キミが居た未来01
12.14 text/狂える愛03~06
12.09 text/狂える愛01・02
12.07 text/JL+1
12.06 text/JL+1

2011.12.06 サイト開設
【Luke】

▼アッシュ×ルーク

ED後捏造



《――我を解放してくれた礼に、ひとつだけ願いを叶えよう》

眩しい光の世界で、そこの主であるローレライは目の前の完全同位体に向けてそう言った。
それに対し聖なる焔の光は、迷いのない表情ではっきりと答える。
――まるで、答えなんてとっくの昔に決まっていたかのように。


「アッシュを帰して欲しい」
「あいつを帰してやってくれ」


その何とも欲のない返答に、ローレライは素直な疑問を口にした。

《……なぜ自分を帰すことを望まない?》

そう訊ねれば、目の前の聖なる焔の光はどこか嬉しそうに笑いながら、こう告げる。


「俺が奪ってしまったすべてを、アッシュに返したいんだ」
「俺のすべては、既にあいつにあげたものだ」


それが、嘘偽りのない本心からの言葉だということが、ローレライには分かった。

《……そうか》

それだけを呟き返すローレライの声は、どこか愉快そうで――そして満足そうでもあった。
聖なる焔の光にそう言われることを、答えを聞く前から分かっていたとでもいうように。


《――その願い、確かに叶えよう》


――そしてその日、“聖なる焔の光”は世界に帰還する。



Luke



(ああ――なんと愛おしいのだろう我が完全同位体は!)

2011.12.27(Tue)

sss