拍手 お返事
 アビスプレイ記
What's New?
03.13 text/キミが居た未来07
02.26 text/狂える愛08
02.26 pict/log+3
02.23 pict/AL♀絵+1
02.17 text/PMP01
02.06 text/キミ未来05・06
02.05 pict/YL絵+1
02.05 link+1
02.04 pict/AL漫画+1
02.02 pict/AL漫画+1
01.30 link+8
01.27 text/キミが居た未来04
01.23 text/キミが居た未来03
01.15 text/狂える愛07
01.12 text/学パロ01
▲2012
▼2011
12.27 text/AL+1
12.22 text/キミが居た未来02
12.18 text/キミが居た未来01
12.14 text/狂える愛03~06
12.09 text/狂える愛01・02
12.07 text/JL+1
12.06 text/JL+1

2011.12.06 サイト開設
【キミが居た未来05】

▼ジェイド×ルーク

▼Back Numbers
01】【02】【03】【04



 ジェイドがルークの首枷から伸びる鎖を引っ張っていたその力を緩める頃には、ルークは幾分か冷静さを取り戻していた。
 とにかく今は、ジェイドとピオニーの2人にルークのことを信じてもらうことが1番重要だ。
 そのためにもルークは、まずは自分が4年後の未来から来たことを話さなければならないと思った。
 この世界では、“ルーク・フォン・ファブレ”は13歳なのだ。いくら自分はルークなのだと訴え続けても、13歳でない自分がルークだなどと、ジェイドの言葉を借りるならばそれこそ戯言を、信じる者はいないだろう。だが、年齢の辻褄さえ合えば、王族の証である色彩を持つ自分を、彼らは信じてくれるかもしれない。
 そう願いながらルークは、ピオニーの目を真っ直ぐ見つめると、ゆっくり口を開いた。

「本当に……俺は、ルーク・フォン・ファブレなんです。正確には、4年後の未来から来たルーク……です」

 ルークがそう言い終えた途端、目の前のピオニーは怪訝そうに眉をひそめた。それはまるで、どう反応していいか分からない――とでもいうような顔だ。
 ジェイドに至っては、あからさまに盛大な溜め息をひとつ吐いてから、ふんと鼻で嘲笑った。ルークの言うことなど端から信じる気がないと、その態度が言っている。
 確かに、いきなり未来から来たのだと言われても、はいそうですかと信じられるはずがない。ルーク自身、初対面の人間にそんなことを言われたら、お前は何を言っているんだとまともに取り合わなかっただろう。
 しかし、ルークは何とかして2人に信じてもらわなければならない。もしもこのまま身元不明の不審者のままでいたら、この先自分がどうなってしまうのか想像もできない。せっかくこうして生きて帰って来られたというのに、残りの人生を牢で過ごしたくはなかった。何より、愛する恋人と大好きなピオニーには、自分のことを信じて欲しかった。
 だが、詳細を説明しようにも、ルークは気付いた時にはこの時代に居たのだ。どうやって自分が4年前の過去に来たのかなど、まったく見当もつかない。

(ローレライが何かしたんだとは、思うけど……)

 自分の――正確には、アッシュの完全同位体であり、ここに来る直前に自分が解放した、音を司る意識集合体。
 音素乖離で消えるはずだった自分が、こうして今も生きていて、そしてなぜか4年前に居る原因は、まず間違いなくローレライだとルークは確信していた。

「……やれやれ、どうあっても本当のことは言いたくないようですね。年齢が合わないと知ったら、今度は未来から来た、ですか? ふざけるのも大概にしてください」

 冷たい声にはっとなって、ルークは顔を上げた。ジェイドの方を見やると、彼はルークをまるで汚らわしい何かを見るような目で見下ろしている。仕方のないことだと自分自身にきつく言い聞かせていても尚、ルークの胃は奇妙に揺れた。まるで、身体の中の何かを握り潰されているような感覚。跪いていて良かったと、この時だけは思った。膝が震えて、とてもじゃないが立っていられない。大分落ち着きかけていた涙腺が、再び熱くなった。気を緩めたら、すぐに涙が零れてしまう。
 ――泣くな。泣くな。
 ルークはそう呪文のように心の中で唱えながら、声が震えそうになるのを必死に堪えて、喋りだした。

「こんな……話、信じろって方が無理なのは、分かってます。でも……お願いです。俺の話を、聞いてください」
「元より、そのつもりだ。話を聞かないことには、判断できんからな」
「陛下……このように荒唐無稽な話を、わざわざ聞くとおっしゃるのですか?」

 ジェイドがピオニーに向けて、呆れ果てた声で言う。
 話を聞いてすらもらえないのかと、その時ルークは絶望しかけた。それでは、信じてもらいようがない。
 だが、すぐにピオニーの力強い声が肯定の意を示したので、ルークはひとまず安堵した。

「まったく、相変わらず頭が固いな、ジェイド。少し黙っていろ、彼が脅えてるじゃないか。……悪いな、こいつのことは気にしなくて良い。それじゃあ、話を聞かせてくれるか?」

 にっこりと優しい笑顔でそう言うピオニーに、ルークは勇気付けられた。彼ならば、ルークの話を信じてくれるに違いない――それは願望に限りなく近かったが、確かにそう思えた。

「これから話すことは、信じられないかもしれないけど……全部、本当のことです。嘘は決してつかないと、誓います」

 未来のことを話してしまうことに対して、ルークには少し躊躇いもあった。話すことによって、この先の未来が変わってしまうのではないかと、不安だった。
 だが、自分のことを信じてもらうためには、嘘偽りなく全てを話すしかないだろう。少しでも何かを隠している素振りを見せれば、恐らく彼らは信用してくれないはずだ。だからこそルークは、途方もなく長く複雑なこれから起こるだろう出来事を、時折つっかえながらも懸命に話した。
 預言のこと、ローレライの存在、ヴァン師匠の企み、外殻大地のこと、魔界の存在、そして――自分のこと。
 何からどう説明して良いか分からず時系列が前後しまくるルークの話は、酷く聞きにくかっただろう。色々訊ねたい疑問もあるはずなのに、ピオニーはルークが話している間はじっと黙って聞いていてくれた。
 ジェイドは何か物言いたげな表情をしていたが、ピオニーに言われたせいもあってか、口を出すことはなかった。ただ、ルークが、自分がレプリカであることを告げた時、突き刺すような視線で見られた。
 全てを話し終えて、以上です、とルークが締めくくると、ピオニーは詰めていた息をほうと吐いた。

「なんというか……途方もない話だな……」

 それはそうだろう。自分達が今生きているこの大地が、柱に支えられて空に浮かんでいるだなどと、一体誰が思うだろうか。

「それに……レプリカ、か……」

 説明の際に、実際に毛先を少し切って乖離するのを見せたので、自分がレプリカだということは信じてもらえたようだ。完全に信じてもらえたのがそのことだけならば、それは酷く悲しいことだが。

「……申し訳ありません。俺はルーク・フォン・ファブレですが、偽者というのは間違っていません。けれど、それが俺に与えられた名で、他に名乗る名もないので、嘘をつきたくは、なかったんです」

 言い訳じみているな、と――ルークはこっそり自嘲した。
 けれど、これだけは譲れなかったのだ。自分が生きてきた7年を、最後にはルークのことを認めてくれたアッシュの想いを、無かったことにはしたくなかったから。

「ああ、いや。別にそういうことが言いたいんじゃない。お前はルーク・フォン・ファブレだよ。レプリカとか関係なく、な」

 朗らかに笑うピオニーの態度から、彼が本心からそう言っていることはひしひしと伝わってくる。元より、裏表のない人だ。やはり彼はピオニーなのだと、ルークは嬉しく思った。
 ちらりと、ピオニーの目線がずっと黙っているジェイドへと向けられる。ルークも、恐る恐るジェイドを見た。果たして彼は、ルークの話を信じてくれたのだろうか。
 視線の先でジェイドは、緩慢な動きでくいっとズレた眼鏡を押し上げてから、口を開いた。



[←back][next→]

ピオニー陛下がいい人すぎて、予定よりもルークが可哀想じゃなくなりました←
いえ、陛下のキャラつかめてないんですっごく偽者ですけど…

2012.02.06(Mon)

series