拍手 お返事
 アビスプレイ記
What's New?
03.13 text/キミが居た未来07
02.26 text/狂える愛08
02.26 pict/log+3
02.23 pict/AL♀絵+1
02.17 text/PMP01
02.06 text/キミ未来05・06
02.05 pict/YL絵+1
02.05 link+1
02.04 pict/AL漫画+1
02.02 pict/AL漫画+1
01.30 link+8
01.27 text/キミが居た未来04
01.23 text/キミが居た未来03
01.15 text/狂える愛07
01.12 text/学パロ01
▲2012
▼2011
12.27 text/AL+1
12.22 text/キミが居た未来02
12.18 text/キミが居た未来01
12.14 text/狂える愛03~06
12.09 text/狂える愛01・02
12.07 text/JL+1
12.06 text/JL+1

2011.12.06 サイト開設
【Your smile makes me cry】

▼ジェイド×ルーク



 突然、ジェイドはルークに抱きしめられた。
 ぎゅうっと、その細い腕に込められた力は強く、身動きが取れない。
 ルークは、ジェイドの胸に顔をうずめており、その表情はジェイドからは伺えない。
 だが、その身体はかすかに震えているようだった。
 お互い身じろぎもせず、そのままの体勢でしばらくが過ぎる。

「……ルーク?」

 泣いているのかと、思った。
 だから、ことさら優しい声で呼びかけた。

「ルーク、どうしました?」

 そして、優しい手つきで頭を撫でる。
 すると、ようやくルークは顔を上げた。
 ――そこに、涙はなかった。

「――なんでもない! ちょっと甘えてみただけ!」

 そしてこの子供は、明るい笑顔で――まるで、悩みなんてひとつもないような曇りない笑顔で、そう言うのだ。
 そのたびにジェイドは、遣る瀬無さで一杯になる。
 きっとルークは、最期の時まで笑っているのだろうと、確信していたから。



Your smile makes me cry



(助けてと、たったひとこと言ってくれれば、今すぐに君を連れて逃げるのに)

2011.12.07(Wed)

sss